Excite
 
 
 
<<< 最新最古 >>>
タグ:謎怖 ( 27 ) タグの人気記事
【謎怖】心当たり
953 学生さんは名前がない :2006/12/23(土) 07:06:01 ID:ZjEBDT320
いろいろ家庭の事情があって、東京で独り暮らししてたときだから
もう今から10年以上前の話なんだが、当時付き合ってた彼女とあまり
うまくいってなかった。なんていうか独占欲の強い女で、プライドと嫉妬が
とにかくすごい。俺の実家の妹にまでヤキモチを焼くくらいの女で、さすがに
ガマンの限界を感じた俺は、もう別れようと思ってたんだが、向こうには
俺と別れる気なんかサラサラないらしかった。ところが、ある晩、俺が部屋で独りで
のんびりしてると、いきなり部屋に彼女から電話がかかってきて、「あんたなんか私の
彼氏じゃないよね?」といきなり言い出した。急に態度を変えて妙なことを言う
女だと思って、俺もカチンときて、怒鳴り返してやろうと思ったんだが、何か様子が
おかしい。なんていうか、空元気というか、無理に強い態度をして、声の震えを押し
殺そうとしてる雰囲気がありありと感じられた。でも「何かあったのか?」と聞くと、
シラを切ろうとするんだよね。ただ「あんたは私の彼氏じゃないよね?」とだけ、何度も
ただ確認してくる。そこで俺はピンときた。俺と二股かけてた男がいて、どっちが
本命なのかと詰め寄られたんじゃないか、とね。だから俺は、彼女のそばで電話を
きいているヤツがいればそいつにも聞こえるようにと、「俺はお前の彼氏だよ!」と
でかい声で言ってやった。そしたら、電話口の向こうから「どうしてそんなことを
言うの!?」って声と大きな物音が聞こえて、それっきり電話が切れた。俺はすぐに
うしろめたくなって電話をかけなおしたが、電話は何度かけても繋がらず、
話し中のツーツー音しか聞こえなかった。

954 学生さんは名前がない :2006/12/23(土) 07:06:33 ID:ZjEBDT320
だんだん俺は自分のしたことが怖くなった。彼女が二股をかけてた男の怒りを買って
何か怪我でもさせられてるじゃ・・・。だとしたら俺のせいでもある。
どうにもじっとしてられなくなって、俺はすぐに自転車を飛ばして彼女のアパートに行った。
もう夜中で電車がなくて、彼女のアパートに着くのに自転車を一時間以上もこがなくては
いけなかったが、その事実はあとで俺を助けることになった。というのは、全てがもう
おそかったのだ。彼女のアパートには、もう警察やら野次馬やらが集まっていて、夜中なのに
うるさいくらいだった。そこから先は想像のとおりだ。俺の彼女は無残な死体で発見された。
となりの部屋の人が悲鳴を聞いて通報して、警察が部屋に踏み込んだら、もう・・・。
しかし、犯人らしき人物は見当たらず、俺自身がはじめは容疑者扱いされた。
たまたま俺が家を出るところを近所の人が何人も見ていたのと、電話の通話記録で、俺の
話が嘘じゃないのを信じてもらえて、やっと容疑者じゃなくなったくらいだ。
しかし結局、真犯人はみつからずじまいで、彼女の遺族はまだ俺を疑ってるらしい。
ただ、俺は、警察にも言ってない、犯人の心当たりが一人だけいる。
いくらなんでも誰も信じないだろうという心当たりが。もちろん俺も信じたくはない。





真相はコチラ。
















2ちゃんねるより。

語っている男性を仮にAとして。
彼女は犯人に「Aがお前の恋人なら殺す」と脅され、Aに確認の電話を掛けさせられます。
彼女はAに疎ましがられていたので「あんたは私の彼氏じゃないよね?」と聞けば「お前なんか彼女じゃない」と返してくれるのではないかと期待します。
しかし変に勘ぐったAは皮肉にも期待とは逆の返事をしてしまいます。
結果、彼女は犯人に殺されてしまいました。


しかし問題は、Aが犯人に心当たりがある、ということ。
その相手とは?




さらなる真相はコチラ。
















先頭を縦読みすると…

953 学生さんは名前がない :2006/12/23(土) 07:06:01 ID:ZjEBDT320
ろいろ家庭の事情があって、東京で独り暮らししてたときだから
う今から10年以上前の話なんだが、当時付き合ってた彼女とあまり
まくいってなかった。なんていうか独占欲の強い女で、プライドと嫉妬が
にかくすごい。俺の実家の妹にまでヤキモチを焼くくらいの女で、さすがに
マンの限界を感じた俺は、もう別れようと思ってたんだが、向こうには
と別れる気なんかサラサラないらしかった。ところが、ある晩、俺が部屋で独りで
んびりしてると、いきなり部屋に彼女から電話がかかってきて、「あんたなんか私の
氏じゃないよね?」といきなり言い出した。急に態度を変えて妙なことを言う
だと思って、俺もカチンときて、怒鳴り返してやろうと思ったんだが、何か様子が
かしい。なんていうか、空元気というか、無理に強い態度をして、声の震えを押し
そうとしてる雰囲気がありありと感じられた。でも「何かあったのか?」と聞くと、
ラを切ろうとするんだよね。ただ「あんたは私の彼氏じゃないよね?」とだけ、何度も
だ確認してくる。そこで俺はピンときた。俺と二股かけてた男がいて、どっちが
命なのかと詰め寄られたんじゃないか、とね。だから俺は、彼女のそばで電話を
いているヤツがいればそいつにも聞こえるようにと、「俺はお前の彼氏だよ!」と
かい声で言ってやった。そしたら、電話口の向こうから「どうしてそんなことを
うの!?」って声と大きな物音が聞こえて、それっきり電話が切れた。俺はすぐに
しろめたくなって電話をかけなおしたが、電話は何度かけても繋がらず、
し中のツーツー音しか聞こえなかった。

954 学生さんは名前がない :2006/12/23(土) 07:06:33 ID:ZjEBDT320
んだん俺は自分のしたことが怖くなった。彼女が二股をかけてた男の怒りを買って
か怪我でもさせられてるじゃ・・・。だとしたら俺のせいでもある。
うにもじっとしてられなくなって、俺はすぐに自転車を飛ばして彼女のアパートに行った。
う夜中で電車がなくて、彼女のアパートに着くのに自転車を一時間以上もこがなくては
けなかったが、その事実はあとで俺を助けることになった。というのは、全てがもう
そかったのだ。彼女のアパートには、もう警察やら野次馬やらが集まっていて、夜中なのに
るさいくらいだった。そこから先は想像のとおりだ。俺の彼女は無残な死体で発見された。
なりの部屋の人が悲鳴を聞いて通報して、警察が部屋に踏み込んだら、もう・・・。
かし、犯人らしき人物は見当たらず、俺自身がはじめは容疑者扱いされた。
またま俺が家を出るところを近所の人が何人も見ていたのと、電話の通話記録で、俺の
が嘘じゃないのを信じてもらえて、やっと容疑者じゃなくなったくらいだ。
かし結局、真犯人はみつからずじまいで、彼女の遺族はまだ俺を疑ってるらしい。
だ、俺は、警察にも言ってない、犯人の心当たりが一人だけいる。
くらなんでも誰も信じないだろうという心当たりが。もちろん俺も信じたくはない。

妹が俺の彼女を殺した
本気で言う話だ
何度も言おうとした
話したい



Aが一人暮らしをすることになった「家庭の事情」とは?
もしかしたら妹の執着から逃れるためだったのかも。
妹が犯人という確証を得たAは、秘密の重圧から解放されたくて書いたのでしょうか。




それにしても見事な縦読み:★★★★☆

[PR]
by kero-tama | 2011-09-24 08:52
【謎怖】ひとり多い
ある学校の授業でのことだ。
当日は、予報を大きくはずして快晴だった。
あるクラスは、その日は何かの実験で、理科室で授業が行われた。
ところが、運悪く、ガスが漏れていたのか薬品がこぼれていたのか…
理科室は爆発し、生徒達も巻き込んで、一切合切こなみじんにしてしまった。
後日、事故現場を片付けている最中に、いくらかの骨や肉片が見つかった。
それらを丁寧に運び出し、体育館に並べていくと…そう、教室にいた分だけの
白骨死体と、余り物が完成するわけである。
生徒は全員が過去に歯科治療を受けており、歯形から確認できる限り全員分の
身元を確認することが出来た。
何人かは顔が残っていたので問題はなかった。
ところが、全く奇怪なことだが、どうも数が合わない。
生徒は39人で、教師が一人。
遺体は全部で41体、子供が40で大人が一。
子供が一人多い…
近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
検察官の一人が首を傾げている様子を見ると、他の検察官が唐突に叫んだ。
「なんだ、数が合っているじゃないか!」
翌日は、予報どおりの雨であった。




ネットでよく見かける怪文書。
時折話題に上がっては解釈をめぐって議論されますが、未だにスッキリと解明はされていないようで、いわゆる「ナポリタン」系(意味深な文章だが内容が破綻していて正解がない)とも言われています。
どちらかというとLTP(ラテラル・シンキング・パズル)っぽい気がしますが、正解はないのかもしれません。


以下、ネットによくある解釈を紹介。

  • 先生が妊婦説
    先生が妊娠していてお腹の子供を数に入れたため、という説。
    しかし胎児と子供の遺体は明らかに違うのに混同するのは変。

  • つなぎあわせ説
    39人の子供はバラバラになっているので誰のものか不明の部分が子供1人分余った、という説。
    もしくは、この検察官は個人の判別を「歯型」か「顔」で行っているので、顔の肉が剥がれたものと、その頭蓋骨が別々にカウントされた、とか。

  • 骨格標本説
    理科室なので骨格標本が混ざってた、という説。
    これは「骨格標本なら大人の体格」「偽物の骨なら区別が付く」などの意見がありますが、昔のニュースで学校の骨格標本が本物の子供の骨だったというものがあったので、有り得ないこともないですね。
    ただ「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾してしまいます。

  • 人体標本説
    理科室には本物の子供の人体標本(ホルマリン漬け)があった、という説。
    これも「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾。

  • 人体実験説
    当日行われていた実験は、本物の子供を使った人体実験だった、という説。
    「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾しないとしたら、クラスメイトを使った人体実験ということになります。

  • 首吊り死体(てるてる坊主)説
    事故のとき理科室には首吊り死体があった、という説。
    首吊り死体=てるてる坊主で、そのために当日は予報を覆して雨が降った、爆発で首吊り死体(てるてる坊主)が吹っ飛んだため翌日は雨が降った。
    首を吊ったのがクラスの生徒なら「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾はしません。
    ただこれは誰も首吊り死体に気づかなかったということと、検察官が「なんだ、数が合っているじゃないか!」 と納得するのが不自然。

  • 原爆説
    最も有力とされる説。
    広島に投下された原子爆弾は通称「リトリボーイ」と呼ばれていたことから、
     検察官A「子供の死体が1人分多いぞ」
     検察官B「それはきっとリトルボーイの分さ!」
    というブラックジョークであって、死体の数が合わないこと自体は問題ではないという説。
    「何かの実験」が意味するものは、広島に落とされた原爆は「ウラン型」、長崎に落とされた原爆は「プルトニウム型」で、原発を2発も落としたのは違う爆弾で人体実験のデータを取るためだったとも言われているため。
    「理科室」は、爆弾を落とす側から見れば目標地点は「実験場」であるため。
    「予報を大きくはずして快晴」は原爆の投下には目標地点が雲で隠れていないことが重要だったためで、「翌日は、予報どおりの雨」なのは原爆の大熱量で発生した水蒸気の塊が、物や人が燃えて発生したすすを含んで「黒い雨」を降らせたから、とのこと。


    正解が「原爆(ブラックジョーク)説」だと意味ないのですが、keroもひとつ考えてみました。

  • 復讐説(kero作)
    僕はクラス全員からいじめられている。
    担任の先生も僕がいじめられるのを見て見ぬふりだ。
    親にも言えない。失望されたくないから。
    雨が続いた梅雨のある日、僕はクラスメイトに頭から布をかぶせられ、ヒモで結ばれて「てるてる坊主」と笑い者にされてしまった。
    布でこっちの目が見えないのを良い事に叩かれたり蹴られたりもした。
    外で遊べない日が続いたから、みんな退屈しているんだ。
    その翌日、雨は上がって空はきれいに晴れ渡った。
    予報では雨が続くと言っていたのに。
    学校へ行けば「昨日のてるてる坊主のおかげだ」とまたいじめられてしまう。
    親に相談できなくて学校までは来たけど教室へは行けず、校舎の隅に隠れていた。
    きっと欠席扱いになっただろう。
    そういえば、今日の授業で理科室を使うって昨日先生が言っていた。
    僕はこっそり理科室に忍び込み、実験台に付いたプロパンのガス栓を全部開いた。
    プロパンガスは空気より重いから床を這うように広がる、と前に先生が言っていた。
    始業のチャイムが鳴り、先生とクラスメイトが理科室に入ってくる。
    「あれ?お前学校に来てたの?」
    足元に沈んだガスに、みんなすぐには気づかない。

    「みんな嫌いだ!」

    僕は実験用のマッチを擦った。
    みんなと一緒に、てるてる坊主は粉々になった。
    だから翌日は、予報通りの雨だった…

    後日、遺体の回収が始まると、奇妙なことに子供の遺骸の数が理科室にいた人数より1人分多い。
    しかし近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
    検察官は出席簿を見ながら首を捻った。
    その姿を見て他の検察官が名簿にある生徒の数を数えた。
    「37、38、39…40?なんだ、数が合っているじゃないか!」
    「出席簿ではこの日は1人欠席していて生徒は39人のはずだ」
    「いや、この欠席になっている子もちゃんと登校したと親が証言しているし、遺体も確認されている。きっと遅刻してきたのを担任が早とちりして欠席にしたんだろう」

    つじつま合わせてみました。どうでしょう?


    出口のない迷路:★★★☆☆

    [PR]
  • by kero-tama | 2011-08-27 06:02
    【謎怖】慣用句
    昨日は山へ足を運んだ
    今日は海へ足を運んだ
    明日はどこへ行こう
    私は頭を抱えた

    「手を焼いているんですか?」
    と聞かれたので、振り向いてこう答えた。
    「どうも」





    解説はコチラ。
















    ネットで見かけた話。

    足、頭、手、胴…
    ヒント:バラバラ死体。

    慣用句は体の一部を用いた表現が多いので、翻訳機が直訳すると凄い内容になりそうです。


    全身揃っているところが秀逸:★★☆☆☆

    [PR]
    by kero-tama | 2011-08-25 11:10
    【謎怖】エレベーター
    87 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 15:25:08 ID:SWMfYRoJO
    友人の話

    その友人は高層マンションに住んでいます。
    彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが。
    夜中に帰宅したときのことです。
    エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。
    『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』
    そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。
    エレベーターは2階は通過してしまったものの、3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出しました。
    そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。
    『まぁ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしなww』
    そう言った友人は、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたいです。





    解説はコチラ。
















    エレベーター内のボタンは、「内側」から押さないと光らない。

    2ちゃんねるの書き込みより、意味がわかると怖い話。


    相乗りされてる:★★★☆☆

    [PR]
    by kero-tama | 2011-08-21 04:47
    【謎怖】押入れ
    あるところに一人暮らしの男性がいた。
    彼が住んでいるのはごく普通のワンルームだが、時々妙なことが起こった。
    彼が出かけた時に限って、食べ物がなくなったり部屋のものが動かされた形跡があるのだ。
    侵入者かと思ったが、毎回帰宅したとき部屋には鍵が掛かったままだった。

    不審に思った彼は、ある日部屋にビデオカメラを設置して出かけてみた。
    ワンルームなので1台でも部屋全体が見渡せる。
    帰宅後、彼がビデオカメラを確認すると…


    誰もいないはずの押入れのフスマがカタカタと開き、中から見知らぬ女が這いでてきた。
    女は勝手に食べ物を食べたり部屋を徘徊すると、また元通り押入れに戻っていったのだ。


    彼は戦慄した。
    すぐに警察に通報しようとしたその時、

    ビデオの中でドアが開いた。

    彼だった。

    彼はビデオカメラを覗き込むようにして手を伸ばし、ビデオはそこで終わった。









    押入れにはまだ女が…というのが有名な「押入れ女」。
    ベッドの下の男」に並ぶ都市伝説で、2004年にはネットに流れています。

    で、これは前置き。次の記事を御覧ください。


    福岡県警粕屋署は2008年05月28日、無職堀川タツ子容疑者(58)を住居侵入現行犯で逮捕。
    彼女は福岡県粕屋郡志免町の男性(57)宅の押入の天袋で勝手に生活していた。

    被害者男性は一人暮らしだが、自分が不在中に食べ物がなくなることが以前からあった。
    不審に思った男性は、人影に反応して携帯電話に画像を送る仕組みの警報装置と監視カメラを設置し、午後2時に外出した。
    するとその10分後に不審者が写った画像がメールで送られてきたのだ。
    110番通報でただちに駆けつけた警察官は、押入の天袋に隠れていた堀川容疑者を発見。
    彼女は天袋にマットレスを持ち込み生活していたようだ。



    地元福岡で起きた本当の事件。

    都市伝説はこれがモトだったのか…と思ったら、事件の日付のほうが新しかった、というオチ。

    それにしても、何故、いつから、どうやって、押入れの天袋(押入れの上部にある小さな収納部)に?


    あなたの家は大丈夫…?


    都市伝説の再現:★★★☆☆

    [PR]
    by kero-tama | 2011-08-18 15:12
    【謎怖】なんのこと?
    夫は一ヶ月くらい前から毎晩同じ夢を見るという。

    真夜中、ふと目が覚めると、天井に自分とまったく同じ姿の人間がしがみついている。
    そいつは首だけ自分の方に向けてこう言うのだ。

    『お前はもう十分生きただろ。代わってくれよ』

    夫は「また今日も見ちゃったよ」というのが毎朝の挨拶になっていた。
    さすがにこう続くと心配になる。

    ある朝、夫が起きてきた。
    しかしその日に限って夫は「おはよう」としかいわなかった。

    「あら、今日は例の夢は見なかったの?」と聞くと、夫はしれっとこう言った。


    『 な ん の こ と ? 』







    解説はコチラ。
















    入れ替わってる。

    2ちゃんねるより。


    本物はどこへ:★★★☆☆

    [PR]
    by kero-tama | 2011-04-19 00:28
    【謎怖】誤送信
    108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 20:27:51.31 ID:7/GTjyyFO
    俺、実家暮らしなんだけどさ。さっき彼女に「今夜会える?」ってメールしようとして
    間違って家にいるカーチャンに送っちまったわけwww
    そしたら返信が「ごめん。○○(俺の名前)さん。今夜は会えないの」だってwww
    「ちょ、お袋なにふざけてんの(笑)」って送ったらすぐに返信がきて「今どこ?」
    「家だよ」ってメールしたらなぜか電話かけてきやがんのwww
    出てもすぐ切るし、かと思うとまた鳴るし、テラいやがらせwww
    もしやカーチャン浮気してたのかwww





    解説はこちら。
















    2ちゃんねるより。

    カーチャンの携帯電話を持っているのは母になりすました見知らぬ「誰か」。
    同じ家にいると判明したため、着信音をたよりにこっそりと「俺」を探している。
    当然、「カーチャン」はすでに…



    逃げてー!:★★★☆☆

    [PR]
    by kero-tama | 2011-04-17 13:39
    【怖い話】ウミガメのスープ
    LTP(ラテラル・シンキング・パズル)というものがあります。
    出題者が提示した謎に解答者が質問して解明していくゲームです。
    日本で有名なものに「ウミガメのスープ」と呼ばれるものがあります。

    出題

    レストランでウミガメのスープを食べた男がその後自殺した。
    それは何故?

    解答者は出題者に質問します。
    ただし質問は出題者が次のように「Yes」「No」「無関係」の3つで答えられるようにしなければならなりません。

     ×「レストランは何処に建っていますか?」
     ○「レストランは海の近くに建っていますか?」

    そうやって質問と応答が繰り返され、謎の答えに近づいていくのです。

    やがて「ウミガメのスープ」は都市伝説として一人歩きします。
    答えを見る前に、いろいろ予想してみてください。




    解答はコチラ。
















    経緯

    とある男がレストランへやってきた。
    テーブルにつき、渡されたメニューを開く。
    「ウミガメのスープ」が彼の目に止まった。

      なつかしい。

    昔、船乗りだった彼は仲間とともに海で大嵐に遭遇したことがあった。
    船のエンジンや通信機は完全に壊れ、舵も利かず救命ボートも流された。
    いつ沈むともわからないボロボロの船に乗ったまま、彼らは海の漂流者となった。

    限られた食料と水の残りに怯えながら、いつ来るともわからない救助を待つ。
    しかし広い広い海の真ん中で、救助が来ることも、他の船にあうことも、また何処かの岸へ流れ着くこともないまま時間だけが過ぎた。
    やがて食料が尽き、雨水だけで日々をしのいだ。
    仲間はやせ衰えていき、ひとり、またひとりと息を引き取っていった。

      自分も、もうだめだ…

    朦朧とする意識の中でそう思った矢先、仲間が肉入りのスープを持ってきた。
    空腹のあまり幻を見たかと思った。
    幸運にも海面近くを泳いでいたウミガメを捕まえることができたらしい。

    それからさらに数日が過ぎ、彼らは奇跡的に救助された。

      あのウミガメのスープのおかげで自分は生き延びることができた。
      あの後みんな船を下りたが、今も元気にしているだろうか。

    そんな昔のことに思いを馳せていると、ウミガメのスープが運ばれてきた。
    万感の思いで口に運ぶ。

    途端、表情が曇る。
    彼はシェフを呼んだ。

    「これは本当にウミガメのスープなのか?」

    シェフが怪訝そうな顔をする。

    「はい、ウミガメのスープに間違いございません」

    しばしの無言の後彼は席を立ち、勘定を済ませて店を出た。

    そして彼は自殺した。


    解答

    昔食べたものとレストランで食べたものとでは味がまったく違っていた。
    つまり、昔食べた「ウミガメのスープ」は「ウミガメ以外の材料」でできていた。
    仲間が「ウミガメ」と偽らなければならなかった「材料」とは…


    こんなクイズ出されたら怖いわ:★★★★☆

    [PR]
    by kero-tama | 2011-04-13 17:53
    【都市伝説】トミノの地獄
    「読むと死ぬ」

    と言われる詩があります。
    黙読するには問題ないが、音読(声に出して読む)すると呪われるというものです。

    題名は 「トミノの地獄」

    大正生まれの詩人であり作詞家であった西條八十(さいじょう やそ)の作。


    姉は血を吐く、妹(いもと)は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
    ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。
    鞭(むち)で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
    叩けや叩きやれ叩かずとても、無間(むげん)地獄はひとつみち。
    暗い地獄へ案内(あない)をたのむ、金の羊に、鶯(うぐいす)に。
    皮の嚢(ふくろ)にやいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。
    春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、暗い地獄谷七曲り。
    籠にや鶯、車にや羊、可愛いトミノの眼(まなこ)にや涙。
    啼(な)けよ、鶯、林の雨に妹恋しと声かぎり。
    啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。
    地獄七山七谿(ななやまななたに)めぐる、可愛いトミノのひとり旅。
    地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山(おやま)の留針(とめばり)を。
    赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。


    トミノの地獄
    西條八十 詩集「砂金」より


    「音読したら家族が亡くなった」「黙読しただけで事故に遭った」「黙読であっても何度も読むのは危険」「詩を改変して同人誌を出した人が死んだ」など、さまざまな都市伝説を生んでいる「トミノの地獄」。
    何故「音読したら死ぬ」と言われるのかは不明。
    解釈もさまざまで「トミノは姉に虐待されて生き地獄に落とされた少女」とか「トミノは戦争に出征した男子」というものもあり、一般的には後者であるとされていますが解釈は読み手に委ねられているあたりが都市伝説の格好の題材となったようです。

    後者をふまえて解釈すると、こういうことでしょうか。
    「姉は血を吐く」=「お国のために戦争へ征け」と奮い立たせる姉。
    「妹は火吐く」=出征する兄を無邪気に激励する妹。
    「可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。」=命を差し出す(出征する)。「可愛い」がトミノはまだ少年であるという意味か。
    「皮の嚢」=軍用の背嚢(はいのう・バックパック)。
    「地獄」=戦場。
    「狐牡丹」=キツネノボタン。田んぼの畦や道端に生える牡丹のような葉と小さな黄色い花の植物。有害。
    「赤い留め針」=千人針。

    千人針とは、第二次世界大戦中に流行した、出征する兵士の武運長久を祈願するお守りで、女性一人ひとりに白い布に赤い糸でひと針縫って結び目を作ってもらうもの。
    戦場で武功を立てるというよりは、「トラは千里を行き千里を戻る」とのいわれにあやかって出征した家族が無事帰ってくるよう祈願したものだそうです。
    五銭や十銭の硬貨も縫いこまれ、「五銭(ごせん)は死線(しせん)を超える」「十銭(じゅっせん)は苦戦(くせん)を超える」という縁起をかつぎました。
    特例として寅年生まれの女性は年齢の数だけ結び目を作れました。
    当時は街頭で千人針を求める姿をよく見かけたそうです。
    出来上がった千人針は弾除けのお守りとして兵士たちが身に着けました。

    詩の最後にこうあります。

      赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。

    戦場へ行く男たちを、女たちは待つしかできません。
    千人針はただのお守りではなく、本人と判別できるようにするための「目印」で、たとえ死んでもいつか家族のもとへ帰ってきてほしい、ということなのでしょうか。
    そう考えるとこの一文が一番恐ろしく、そして悲しく思えます。

    また、作者の西條八十氏は「誰か故郷を想わざる」の作詞も手がけました。
    タイトルは「故郷を想わない人はいない」という意味の反語でしたが、そういった難解さからヒットしないと判断されレコードは慰問用に戦地へ送られました。
    しかし戦地では望郷の念にかられる兵士たちの間で大ヒットし、慰問に訪れた渡辺はま子がこれを歌うと大将から一兵卒までがみな涙したということです。

    話によると、解説に「もうこんな苦しみはトミノで終わらせて下さい」とあるそうです。
    もしかしたら「トミノ」は作者の知人の少年だったのでしょうか。
    「可愛い」を繰り返すあたり、殺し合いと無縁のおとなしい子のようにも見受けられます。
    この時代は表立って戦争を批判する作品は作れなかったため、この詩のような言い回しになったのかもしれません。

    飽くまで解釈のひとつですが。


    真意とは別に語り継がれる:★★★★☆

    [PR]
    by kero-tama | 2010-12-02 07:40
    【謎怖】食事
    ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
    毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
    男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
    目の前をおばさんが通る。すると男は
    「豚」
    と呟いた。
    私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
    次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
    「人」
    あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
    別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
    男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
    「牛」
    と呟いた。
    牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
    次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
    「野菜」
    と呟いた。
    野菜?豚の間違いだろ?
    私は家に帰り考えた。
    もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
    その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
    ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
    ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
    次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
    私は能力を身につけた。
    それは期待するものとは違っていた。
    ただ単に、その人が直前に食べたものだった
    私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。





    解説はコチラ。
















    ネットで見かける話。

    ビジネスマンの食事は?


    胸焼けしそうな能力:★★★☆☆

    [PR]
    by kero-tama | 2010-11-20 14:41
    <<< 最新最古 >>>











    ・取扱説明書・
    (除霊動画付き)


    ・投稿募集中・