Excite
 
 
 
<<< 最新最古 >>>
タグ:不思議 ( 13 ) タグの人気記事
【不思議】悪寒
数年前の話。

夜、ベランダ側に背中を向けて寝ていると、急激に悪寒を感じて目が覚めた。
尾てい骨から背中、うなじ、後頭部を経て脳天までの体毛がすべて逆立ち、鳥肌が波のように押し寄せる。

-オバケだ!-

何故かとっさにそう思い、ギュッと目を閉じる。
目を開けると「ナニカ」が見えそうで恐ろしかった。
そのくらいの存在感があった。

何かが背中にべったりと取り付いているようなおぞましさは数十秒続いた。
悪寒が消えて恐る恐る振り返ると、カーテンの隙間から細い月の光が差し込んでいた。


ベランダの向こう、マンションの裏手には小さな丘があり、丘の反対側は古い墓地だ。
丘のマンション側は小さい頃に重機とトラックが手荒く土を掘り出して行ったきり赤土むき出しで長年放置された。
甕棺(かめかん)だか人骨だかが出たと噂されたが、調査が行われている様子はなかった。

甕棺とは死者を埋葬する際に棺として使われた土器で、弥生時代に九州北部で盛んに使われた。
keroが住んでいた地域はそれなりに歴史が古く、町内には前方後円墳もあった。

なので、マンション裏手の小さな丘が実は古代の墓地だった、と言われても不思議ではなかった。
ただ、古代の墓の上にさらに墓が建っていると思うと、なんだか罰当たりな気持ちになった。


それからしばらくして。

夜、ベランダ側に背を向けて寝ていると、ふたたび悪寒が背中を這い上った。
1度目は怖くて目も開けられなかったのに、2度目は何故か猛烈に腹がたった。

-とっ捕まえて叩き出してやるッ!-

目を開き、布団を跳ね上げ、上半身を勢い良く起こすと怒りもあらわに「いい加減にしろっ!」と叫んだ。

悪寒が一瞬でかき消える。

自分でもどうしてここまで瞬間的に激昂したのかわからなかったが、以後悪寒に襲われることはなくなった。




現在、丘を半分以上切り崩した跡には新しい家が数軒建っている。

そう、墓の裏手のあの土地に。




まさにお墓のミルフィーユやー(彦摩呂風に):★★☆☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-10-16 04:04
【不思議】きさらぎ駅
今年(2011年)08月02日、Twitterに奇妙なつぶやきが書き込まれた。
M氏(仮称)という人物が酒に酔って電車に乗ったらいつの間にか見知らぬ無人駅に着いていた、というものだった。


駅の名は「きさらぎ駅」


最初、それを「きさらづ(木更津)駅」と見間違えたM氏は、千葉県まで乗り過ごしてしまったと勘違いしてツイートするが、他者の書き込みによりそれが2ちゃんねるで有名な都市伝説にある駅名と判明。
都市伝説の概要は次のようなものだった。
2004年01月08日深夜、「はすみ」と名乗る人物が、2ちゃんねるに「さっきから列車が駅に止まらない」と書き込んだ。
その後、乗っていた電車はトンネルを抜けたところで「きさらぎ駅」という無人駅に停車、彼女(女性と思われる)はそこで降車するが、奇妙な出来事に遭遇し、最後には音信が途絶えてしまう。


現実にはない「きさらぎ駅」という駅名。
駅は無人、しかも行き先看板には前後の駅名も書かれていない。
それは件の都市伝説を彷彿とさせた。

M氏は22:45:56には現時刻を「12時8分」「終電おわたのか」とツイート。
その後何度か時間を知らせるツイートが書き込まれたが、駅の時計もM氏と同じ時刻を示しており、都市伝説と同様に現実の時間と大きくズレる現象が生じた。

M氏は「トンネルあるけど越えていいものか」とツイートするが、他者の書き込みにより引き止められた。
奇妙なトンネルは都市伝説にも登場している。

そして都市伝説同様に、携帯電話のGPS機能はエラーになって使用不可能。

M氏は駅を出て町を歩いた。
道路に車は通っているが、都市伝説によればドライバーに助けを求めるのは鬼門だったため、敢えて無視。

タクシー会社に連絡するも「そんなとこない」と取り合ってもくれなかった。
都市伝説においても、「はすみ」は警察に連絡するが取り合ってもらえなかった。

歩道橋には「如月(きさらぎ)駅前交差点」との表記。
回送列車にアピールするも無視され、その後も列車は通るが駅に停まることはなかった。

日付変わって08月03日の00:59:29、駅周辺の写メがアップされる。

01:56:43、「地震!」「でかい」、そして02:01:15に「おさまった」とツイート。
しかし気象庁の記録によれば、その時刻に大きな地震は起こっていない。
2011年08月02日夜遅く~翌03日未明に起こった地震は次の通り。

2011年08月03日 01時44分頃 宮城県沖   震度1
        02時17分頃 岩手県沖   震度1
        03時13分頃 福島県浜通り 震度1
        03時40分頃 宮城県沖   震度1

M氏はここで「浜松ナンバー」の車を目撃し、質問に対して「静岡なう。←」とツイート。
都市伝説で「はすみ」は静岡県浜松市の新浜松駅から乗り、何故か別路線の同県富士市にある比奈駅周辺で降車している。

都市伝説をなぞるように起こる奇妙な現象。

02:16:32、M氏は駅へと引き返し、「とりあえず煙出すのがいいらしいときいたことあるから」とノートを燃やし始める。
すると5分後、それまで無人だった周囲に急に人通りが戻ってきた。

同時にGPS機能復活。
何故か千葉県の「八千代緑が丘のはずれにいる」ことが判明。
この時点ではまだ現実との時間が1時間ほどズレていたが、人のいるコンビニ(セブン・イレブン)を見つけた後からは時間が一致した。

酔って眠った末の乗り過ごしかと思われたが、そもそも在来線で静岡県から「八千代緑が丘駅」まで乗り換えなしに来ることはできない。
しかも一番近い駅である「八千代緑が丘駅」まではコンビニから3.6kmも離れている。
しかもM氏がコンビニを出てみると、「きさらぎ駅」へ続く道は消え、「きさらぎ駅」そのものが消えていた。

M氏は近い駅までタクシーに乗車。
運転手に言われて自分の顔を見ると、涙でグシャグシャだったらしい。

M氏はタクシーの運転手と一緒に始発電車を待つことになるが、その時に「きさらぎ駅にきたお客さんははじめてらしいけど、いつのまにか違う駅についてるひとっている」という話を聞いている。

そしてM氏はPASMOの出場記録がないことに気づく。
「きさらぎ駅」どころか、どこの駅のものもない。
「きさらぎ駅」を出たときはPASMOを通したはずなのに…。


その後、M氏は無事帰宅。
不思議な夜の出来事はここで終わっている。




後日談はコチラ。
















この一連のツイートはネットニュースでも紹介され、多くの人が知るところとなった。
それに伴いM氏がアップした画像の解析・検証が行われ、とあるサイトに掲載されていた画像と一致したことが判明。
自作自演と結論づけられた。

google検索「きさらぎ駅 検証」




創作される「怖い話」のほとんどは、「警告や注意をうながす」ため「注目されたい」ため、また「怖がりたい人を楽しませる」ためにあります。
後者の場合、話が「ウソくさい」と思っても、それが事実であることを前提にしなければ楽しめません。
オカルトが相手では真偽の証明も難しく、そもそもそこに突っ込むこと自体が無粋。
「魔法なんてない」「怪物なんていない」と言っていては物語が成り立たないのと同じで、暗黙の了解の上で楽しむ、いわば大人の嗜みです。
2ちゃんねるのオカルトスレッド(オカ板)では、投稿される話に対して「全力で釣られるのがモットー」と言われています。
そういった意味で、この一連の話も読んでいる間は娯楽として楽しんでもらおうと掲載しました。


とはいえ、「なんだよー、ウソかー」とガッカリしてしまった方もいると思われるので、文中に何度も出てきた都市伝説「きさらぎ駅」を次に紹介させていただきたいと思います。


つづく。
[PR]
by kero-tama | 2011-10-14 23:59
【不思議】むしのしらせ?
前回掲載した「友人O」で思い出した話。

高校1年のとき。
グラウンドで朝礼が終わり、友人Oと一緒に教室へ向かっていた私は突然立ち止まり、顔を上げて


「今日、地震が起きる」


と口走った。

ビックリ顔を見合わせる私と友人O。
数瞬の沈黙の後、「なに言ってんだろうねー!」と笑いだすふたり。
正直、何故そんなことを言ったか本人の私がわからなかった。


その夜、震度3の地震があった。
福岡は滅多に地震が起きない地域なのに。


翌日、友人Oとふたりで首をかしげたが、当然ながら何もわからなかった。


ホントになんだったんだろうね?:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-09-19 08:37
【不思議】友人O
高校1年の時、Oという女子と同じクラスになった。
Oは私の前の席で、ふたりとも顔を見るなり

「あー」

と笑顔で指差しあった。

「A中にいたよね?」
「うんうん、校内で何度か顔見たの覚えてる」

思わず話が弾んだが、途中でおかしなことに気づく。

私は中学2年の1学期までA中学に在籍していたが、近くに別の中学校ができたため大勢の生徒と一緒にそちらへ移動になり、以後A中学に顔を出すことはなくなった。

しかしOは中学2年の2学期に県外からA中学に転入してきたというのだ。

学校で顔を合わせているわけがない。
なのにふたりとも、校内の廊下や講堂などで互いに顔をみた記憶が確実にあった。
それが何故だったのか今でも不明。


友人Oはその後両親の仕事の都合で大阪へ転校していった。
短い間い付き合いだったけど、彼女と一緒にいるときだけ不思議なことがよく起きた。
連絡も途絶えて久しいけど、元気にしているかな。


きっとリーディングシュタイナーが発動したんだ:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-09-18 06:07
【バカ話】俺かよ!
199 : 本当にあった怖い名無し : 2010/12/02(木) 04:16:53 ID:pMzQDUjfO
ネタかもしれんが

友人が叔父の葬式に行ったとき、焼香の列に並んでる叔父本人を見たらしい



201 : 本当にあった怖い名無し : 2010/12/02(木) 09:07:31 ID:SEgQqe6sO
誰の葬式に来てるつもりだったんだろ…


203 : 本当にあった怖い名無し : 2010/12/02(木) 13:57:27 ID:wA6zBzxx0
祭壇の写真見てないんか??>叔父さん

死ぬと判断能力が欠落するのかな?「なんだか知らんが、列に並ぶか」


204 : 本当にあった怖い名無し : 2010/12/02(木) 15:00:56 ID:11lX+E180
>>203
>>「なんだか知らんが、列に並ぶか」
日本人の習性w


205 : 本当にあった怖い名無し : 2010/12/02(木) 17:12:21 ID:4rjV2I3e0
自分の番になってびっくりだなwww
遺影見て「俺かよwww」


206 : 本当にあった怖い名無し : 2010/12/02(木) 17:19:38 ID:zdQoH7Qo0
いや、
「自分の葬式に出るなんて、一生に一度あるかないかのチャンスだろ」
って。


207 : 本当にあった怖い名無し : 2010/12/02(木) 17:41:13 ID:xZfef+NO0
>>206
ちょっと待て



2ちゃんねるより。

ヘビィな記事が続いたのでちょっと息抜き。
申し合わせたようなコントになってて夜中に腹筋が鍛えられました。


天国よいとこ一度はおいで:★★★★☆

[PR]
by kero-tama | 2011-09-01 03:20
【不思議】ちっこいおっさん
従姉妹「こないだちっこいおっさん見たんよ」

kero「なにそれ?」

従姉妹「夜トイレに起きたら、キッチンの流し台のところに10センチくらいの裸のおっさんが立っとったん」

kero「???」

従姉妹「目が合うと、おっさん『キャーーーー!!』って叫びながら飛び降りてトイレのドアの隙間に逃げ込んだんよ。もちろん追いかけるやん?」

kero「えー;」

従姉妹「ほしたら、おっさん、便座に駆け上がってレバーにしがみついて水をザーッと流すと、『キャーーーー!!』って叫びながら足から便器のなかに飛び込んでバンザイしたままぐるぐるぐるーっと回って流されていってん。…あれはなんやったんやろうなぁ?」


昔からよく寝ぼける子でした:★☆☆☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-04-20 00:06
【事件事故】良栄丸遭難事件2-不思議
1.発覚  2.不思議  3.恐怖(動画)  4.航海日誌

良栄丸にまつわる不思議

    b0198972_0384836.gif

  1. 良栄丸は日本からアメリカ西海岸までのおよそ1万キロ以上を漂流しながら、船員が生存していた最初の五ヶ月間で島など陸を一度も発見できなかった。

  2. 航海日誌によれば、途中4隻の船を発見し救援を求めるもことごとく気づいてもらえなかった、とある。
    しかしアメリカ軍関係者によると、1927年1月上旬、日本から約1600キロ離れた海上で航行不能になった日本漁船(良栄丸かは不明)を発見し、3時間ほど横付けして位置などの説明をしたが、救助は拒否されたという。

  3. 良栄丸がアメリカの貨物船に発見されたとき、船内に残っているはずの金品や書類はすでに失われていた。

  4. 乗組員は12名のはずだが、船には9名の遺体しかなかった。
    航海日誌にも遺体を水葬にしたなどの記述がない。

  5. 現地の医師が、最後に生き残った2名の間で食人が行われた可能性を示唆。

  6. 昭和35年1月12日、高知県土佐清水市の「第2良栄丸」が静岡県の沼津を出港、1月21日夜に遭難した。
    乗組の12人のうち3人が不明となり、9人は自力で小笠原諸島の無人島に泳ぎ着いた。
    彼らはその90時間後に巡視船むろとに救助されている。
    船名、乗組員数、行方不明者数が「良栄丸遭難事件」と奇妙に一致していると騒がれた。

つづく
[PR]
by kero-tama | 2011-04-15 00:56
【投稿】雨降る夜に
投稿者:みすけ様


これは僕が実際に体験した、本気で怖かった話です。

僕は今、長期交換留学生としてオーストラリアにいます。今月で3ヶ月になります。
初めの1ヶ月はシドニーでホームステイしていました。これはその時の話です。

僕の部屋は家と庭を挟んだ離れにあって、そこは元々ファザーがマザーのために後から造ったアトリエだったらしいです。
小さくて綺麗とは言えなかったけど、秘密基地をもった気分で僕はその部屋がすぐにきにいりました。

ある日の夜のこと。
ものすごい雨音で、夜中の2時くらいに目が覚めたんです。
オーストラリアは余り雨が降らず、毎年水不足に陥るらしいんですが、今年は特別雨が多いらしい。
それに一度降り始めると、ものすごい勢いで土砂降りになるんです。
その日は風も強く、雨と風が窓を激しく叩いていました。

起きた時間も時間だったし、睡眠に貪欲な僕は雨音を遮るようにして布団を頭からかぶり直し、目を閉じました。
しかし折角2度寝を満喫しようと思ったのに、ふと、あることが頭をよぎりました。

"あ、やばい、外に水着を干したままだ。"

ちゃんと洗濯バサミで止めて干したはずだから大丈夫だ、と言い聞かせて目を瞑り直したのですが、どうもその事が頭をちらついて寝れない。
仕方なく気だるい体を渋々起こし、扉を開けました。
途端に雨風が部屋に吹き込んでくる。

外は本当にすごかった。
真っ暗なのに、庭の周りに生えた木々が折れそうなくらい風に吹かれているのが分かった。
雨は冷たいし寒いし眠いしで、僕は水着をすばやく取り込んで、自分の部屋に逃げ込みました。

やっと寝れる。
僕は、履いていたサンダルを脱ぎ捨ててベッドに潜り込みました。
でも僕は一度目が覚めてしまうとなかなか寝つきにくいタイプで、何度も寝返りを打っていました。

初めに目を覚ましてからだいぶ時間がたった頃。
雨も段々弱まってきて、音も気にならなくなりました。
これで寝やすくなる。
と安心して、睡魔を受け入れようとした時。


はっ・・・はぁ・・・っ


誰かの息遣いのような音が聞こえた。

そんなの、ありえない。
僕は気のせいにして再び眠りにつこうとしました。

するとまた、

はぁ・・・はぁ、はっ・・・

やはり聞こえてきた吐息の音。
気のせいだと思いたかったけど、今のは確かに聞こえた。

は・・・は・・・はぁっ

荒い息遣いに、背筋に悪寒が走った。
誰かの息遣いは部屋の中、僕のすぐ側で聞こえてくる。

耳を塞げば息遣いは聞こえない。
でも得体の知れない何かが僕のそばにいるのに変わりない。

はぁはぁ・・・はっ

しかもその息遣いと共に、ナニカはこの部屋を巡回していました。
まるで、僕を探しているかのように・・・。

見つかったらどうなるんだろう。
と布団に潜り込んで、息を押し殺して気配を窺っていました。

怖い話を聞いたり読むのは好きなんですが、僕はかなりびびりなわけでして、幽霊とか鵜呑みにしちゃうくらい信じてるタイプなんです。まさにチキン。
しかし怖くて怖くて体を震わせているのに、僕の中に "ソレを確認したい" というバカげた考えが現れました。
その好奇心はどんどん大きくなっていくんです。臆病な自分を戒めるかのように。

時刻は午前3時前。
日本では丑みつ時と言って幽霊のでやすい時刻だって、未だ僕は信じているんです。(ここはオーストラリアなんですがw)

恐怖心を押しやって、勇気を振り絞り、僕は布団から這いでて枕元にあった携帯を開きました。
そして携帯の薄いライトで真っ暗な部屋内を照らしました。
僕はメガネをかけてないと何も見えないし、鳥目体質で暗い場所では物がよく見えない。
けど、次第に暗闇に目が慣れてきて、床にぼんやりとナニカが浮かんでくる。


真っ暗の闇の中、床にはいつくばるナニカ。


既に僕は半泣きで、体中さぶいぼが立ち震えが止まらない。
耳には息遣いが届き、変な臭い…なにか生臭い臭いがする。
怖くて怖くて、半泣きのまま自棄になった僕は照明のスイッチを押した。
そこにいたものはーーー。






血塗れの髪の長い、下半身のない女。














などではなく、犬。

ホストの飼い犬。
濡れた体を震わせ、僕を見つけると尻尾を振った。
臭いは獣の独特の臭いだった。



その後、僕の逆鱗に触れたトリクシーちゃん(♀:12歳)は雨振る暗闇にとき放たれたのだった。


そういえば、どうやって部屋にはいったのかなぁ。
外へ出たときも入るときも、雨風が入らないようにすぐ扉を閉めたのに・・・。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアより、みすけさんの投稿でした。
みすけさん、ありがとうございます!
またぜひ記事をお寄せください、楽しみに待っています。(≧▽≦)ノ
文章はみすけさんの了承をいただいたので少しだけ改変させていただきました。なにとぞご了承ください。

オーストラリアというと乾いた赤土の大地のイメージがあるので、激しい雨が降る夜の出来事はまた特に怖かったと思われます。が、オチで爆笑しました。
確かに濡れた犬は独特のにおいがしますね。

しかし、トリクシーちゃんはいったいいつ部屋に入ってきたんでしょう。
濡れていたということは、雨が降り出した後。
雨が降り出したのは夜中の二時頃。
当然、それより前にみすけさんは部屋で寝ていたわけですよね。
部屋に入るチャンスはみすけさんが水着を取りに外に出たときだけ。
しかし部屋に雨風が降り込まないようドアはすぐ閉められています。

もうひとつ。

犬は自分じゃドアを開けられませんよね。
よしんば開けられたとしても、みすけさんは気づくはずです。
となると。


ドアを開け閉めしたのは、誰…?
[PR]
by kero-tama | 2011-04-13 00:39
【不思議】真夜中の山に消えた案内人
怖い話というよりは不思議系ちょっとイイ話。

遭難者道案内の男性、下山後姿消す 真夜中の御在所岳

今年7月の話。

18日夕方、三重県の鎌が岳に登った男性から「道に迷った」と連絡があった、とその父親が110番通報。
しかし翌日の未明、捜索が始まる前に男性は無事下山。

  「偶然出会った二人の案内で下山できた。
   二人は名乗らずに立ち去ってしまった」


40代と見られる男性二人は、道に迷った男性をロープウェイ駅まで案内し、その後姿を消した。
ついて行くのがやっとで、話などはほとんどしていなかったという。
警察が言うには、この山で夜間の登山客は通常考えにくいとのことだった。


都市伝説入り決定:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2010-10-30 14:00
【オカルト】拝み屋さん(その3)
先日、叔父から聞いた話。


"拝み屋さん" とは、いわゆる「千里眼」の持ち主だ。
こう書くとものすごく胡散臭いが、彼女はテレビに出てくる超能力者や霊能力者とはまったくちがう正真正銘「本物」だった。

あるとき叔父が知人と一緒に "拝み屋さん" を訪ねた。
すると "拝み屋さん" は知人を見るなりこう言った。

「あんたの弟さんが今名古屋で事故に遭(お)うとる」

その後入った連絡で、その人の弟はそのときまさに名古屋の高速道路で大きな事故に遭っていたことが判明。
しかし奇跡的に大きな怪我はなかったらしい。


不思議だけど本当の話。




ありえないなんてことはありえない:★★★★★

[PR]
by kero-tama | 2010-08-27 13:43
<<< 最新最古 >>>











・取扱説明書・
(除霊動画付き)


・投稿募集中・