Excite
 
 
 
<<< 最新最古 >>>
タグ:オリジナル ( 19 ) タグの人気記事
【不思議】悪寒
数年前の話。

夜、ベランダ側に背中を向けて寝ていると、急激に悪寒を感じて目が覚めた。
尾てい骨から背中、うなじ、後頭部を経て脳天までの体毛がすべて逆立ち、鳥肌が波のように押し寄せる。

-オバケだ!-

何故かとっさにそう思い、ギュッと目を閉じる。
目を開けると「ナニカ」が見えそうで恐ろしかった。
そのくらいの存在感があった。

何かが背中にべったりと取り付いているようなおぞましさは数十秒続いた。
悪寒が消えて恐る恐る振り返ると、カーテンの隙間から細い月の光が差し込んでいた。


ベランダの向こう、マンションの裏手には小さな丘があり、丘の反対側は古い墓地だ。
丘のマンション側は小さい頃に重機とトラックが手荒く土を掘り出して行ったきり赤土むき出しで長年放置された。
甕棺(かめかん)だか人骨だかが出たと噂されたが、調査が行われている様子はなかった。

甕棺とは死者を埋葬する際に棺として使われた土器で、弥生時代に九州北部で盛んに使われた。
keroが住んでいた地域はそれなりに歴史が古く、町内には前方後円墳もあった。

なので、マンション裏手の小さな丘が実は古代の墓地だった、と言われても不思議ではなかった。
ただ、古代の墓の上にさらに墓が建っていると思うと、なんだか罰当たりな気持ちになった。


それからしばらくして。

夜、ベランダ側に背を向けて寝ていると、ふたたび悪寒が背中を這い上った。
1度目は怖くて目も開けられなかったのに、2度目は何故か猛烈に腹がたった。

-とっ捕まえて叩き出してやるッ!-

目を開き、布団を跳ね上げ、上半身を勢い良く起こすと怒りもあらわに「いい加減にしろっ!」と叫んだ。

悪寒が一瞬でかき消える。

自分でもどうしてここまで瞬間的に激昂したのかわからなかったが、以後悪寒に襲われることはなくなった。




現在、丘を半分以上切り崩した跡には新しい家が数軒建っている。

そう、墓の裏手のあの土地に。




まさにお墓のミルフィーユやー(彦摩呂風に):★★☆☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-10-16 04:04
【不思議】むしのしらせ?
前回掲載した「友人O」で思い出した話。

高校1年のとき。
グラウンドで朝礼が終わり、友人Oと一緒に教室へ向かっていた私は突然立ち止まり、顔を上げて


「今日、地震が起きる」


と口走った。

ビックリ顔を見合わせる私と友人O。
数瞬の沈黙の後、「なに言ってんだろうねー!」と笑いだすふたり。
正直、何故そんなことを言ったか本人の私がわからなかった。


その夜、震度3の地震があった。
福岡は滅多に地震が起きない地域なのに。


翌日、友人Oとふたりで首をかしげたが、当然ながら何もわからなかった。


ホントになんだったんだろうね?:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-09-19 08:37
【不思議】友人O
高校1年の時、Oという女子と同じクラスになった。
Oは私の前の席で、ふたりとも顔を見るなり

「あー」

と笑顔で指差しあった。

「A中にいたよね?」
「うんうん、校内で何度か顔見たの覚えてる」

思わず話が弾んだが、途中でおかしなことに気づく。

私は中学2年の1学期までA中学に在籍していたが、近くに別の中学校ができたため大勢の生徒と一緒にそちらへ移動になり、以後A中学に顔を出すことはなくなった。

しかしOは中学2年の2学期に県外からA中学に転入してきたというのだ。

学校で顔を合わせているわけがない。
なのにふたりとも、校内の廊下や講堂などで互いに顔をみた記憶が確実にあった。
それが何故だったのか今でも不明。


友人Oはその後両親の仕事の都合で大阪へ転校していった。
短い間い付き合いだったけど、彼女と一緒にいるときだけ不思議なことがよく起きた。
連絡も途絶えて久しいけど、元気にしているかな。


きっとリーディングシュタイナーが発動したんだ:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-09-18 06:07
【怖い話】百物語(再録)
とある夏。
友人のIくんと霊感体質のTくんが、ゲームソフトを手にkero宅へ遊びに来た。
そのソフトのタイトルは…


「百物語」


うちでそんなモノ見るんじゃないぃぃぃぃッ!!!
絶叫するkero。

蛙「自分ちでやれっ!」
T「だってやってる時に自分ちで怪現象が起きたらイヤじゃん」
I「だよね」

こいつら。


T「大丈夫、このソフト、除霊のお札付いてる。ちゃんと」
I「開発中、色々怪現象があったらしいからねー」

どんな嫌がらせだよ。


結局、百物語はkeroの部屋で始まってしまった。しかも雰囲気出すために部屋を暗くして。
ただの活字ならそう怖くないかと思えば、そこはさすがサウンドノベル。時々 ビクッ としてしまうような演出にアドレナリン大放出。稲川淳二の語りも雰囲気を大いに盛り上げた。
彼らは夏の間、夜になるとkeroの家に来ては数話ずつ百物語をやり、話し終えて消されていく蝋燭は徐々に増えていった。

そんなある日…
いつもと同じように百物語を読み進めていた時だった。




ヴォッ!!!




突然スピーカーが壊れたような大音響が起こった。
正面のテレビからではない。


私 た ち の す ぐ 背 後 で 。


3人とも ( д) ゚ ゚ ←こんな顔で背後を振り返る。

最大音量でマイクに口を押し当て「ウォッ」と吠えたような音だった。
音が全員に聞こえたのは間違いない。
音はすぐ背後、床上1メートル半あたりの場所で3人に向けて発生した。そこまで詳しくわかっているのに、音源のあるべきその空間には何もないのだ。


「ヒィィィィィィィィ!!」

おののく三人、部屋はパニックだ。
「ちょっ、1人にしないでよ!」というkeroの声は虚しく、2人は退却。
keroはその夜明かりを消せず、犬と一緒に震えて過ごすはめになったのだった。


…こんな事があったにもかかわらず。
2人はその後も我が家にやってきては百物語を最後まで続けた。
悪霊でも呼び込んだら二人を生け贄にしてやろうと本気で思ったkeroだった…。


このソフトについては様々な都市伝説があるようです。
開発中に怪現象が起きた、というのはお約束。
有名なのは、ゲーム雑誌に読者から「100話を見終わると自動的に見ることができるはずの”101話”が見れない」という電話がかかり、編集者が確認のためにゲームをやると……というものでした。実際にこのゲームをやった人には大層怖い話です。




前サイトからの改変再録。
みすけさんの書き込みで思い出したので。


百物語は降霊術って言うじゃん:★★☆☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-08-11 09:38
【不思議】ちっこいおっさん
従姉妹「こないだちっこいおっさん見たんよ」

kero「なにそれ?」

従姉妹「夜トイレに起きたら、キッチンの流し台のところに10センチくらいの裸のおっさんが立っとったん」

kero「???」

従姉妹「目が合うと、おっさん『キャーーーー!!』って叫びながら飛び降りてトイレのドアの隙間に逃げ込んだんよ。もちろん追いかけるやん?」

kero「えー;」

従姉妹「ほしたら、おっさん、便座に駆け上がってレバーにしがみついて水をザーッと流すと、『キャーーーー!!』って叫びながら足から便器のなかに飛び込んでバンザイしたままぐるぐるぐるーっと回って流されていってん。…あれはなんやったんやろうなぁ?」


昔からよく寝ぼける子でした:★☆☆☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-04-20 00:06
【オカルト】泡幽霊
kero母から聞いた話。

kero母の知人に、関西の有名なソープ街で働いていた男性がいた。
そのソープ街には「幽霊が出る店は繁盛する」というジンクスがある。
こういった業界では結構縁起を担ぐ店が多い。

母の知人男性が働くソープランドも二階の従業員休憩室に女の幽霊が出ると有名で、従業員のほとんどがそれを目撃していた。

が。目撃した従業員いわく。


「物凄くエグイ」


女幽霊の顔は正視できないほどグチャグチャに潰れているというのだ。

知人男性も目撃した一人で、コタツで仮眠中に目を覚ますと目の前にその顔があり、絶叫とともに店を飛び出して近所の飲み屋に駆け込んだそうだ。
何をしてくるわけでもないのだが、あまりの「エグさ」に耐えられず店を辞める従業員まで出たため、困り果てた店長はついにお祓いを依頼した。

以後、ピッタリと女幽霊は出なくなったが、同時に店は廃れてしまったんだそうな。


究極の選択:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-04-18 10:54
【怖い話】サンキュー事故
keroの知人Yさんの話。

Yさんが車を運転していると、左手から道路を横切ろうとしている女性が目に入り、彼は車を止めて手振りで道路を渡るよう促した。
丁寧に頭を下げ、女性が右側の車線に差し掛かった瞬間、

  ゴウッ!!!

ダンプが物凄い勢いでYさんの車を追い越して右車線へ。

  「!!?」

突然の惨劇に体を硬直させるYさん。

  自分が道を譲ったばかりに…

しかしその後悔は一瞬だった。
ダンプが走り去った道路の上には何もなかったのだ。
轢かれた人間やダンプの破片はおろか、衝突音さえ…。

何事もなかったかのように走り去るダンプを見送るYさん。
ふと左手を見るとお寺と墓が見える。

ああ、と得心がいったYさんだった。




補足:サンキュー事故
進路を譲られたことが裏目となって起こる事故。
この話のように歩行者に道を譲ったら後ろから無理に追い越してきた車にはねられたりするもの。
止まっている車があったらその影に人や動物や物があると考えたほうが事故は減ります。


無理な追い越しは危険です:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2010-10-17 03:57
【怖い話】誰?(再録)
霊感体質の友人Tくんの話。

ある日、寝坊したTくんは慌てて家を出て会社へ向かった。
会社に着くと上司から

「遅いからキミの家に電話を掛けたところだよ。
 『さっき家を出ました』と言われたけどね」

と言われ、申し訳なく謝るTくんだった。


仕事が終わり、疲れて帰宅。
家族が集まる居間で、ふとTくんは誰ともなく聞いた。

「今日、会社からの電話、誰が取ったん?」
「え?誰も取ってないよ。
 朝はみんな家に居なかったし。だから遅刻したんでしょ?」


…電話に出たのは、誰?




前ブログからの再録。

電話に出たのが空き巣でも幽霊の類でも、正体わからない事が一番怖いネ。


きっと飼い犬が電話に出たんだ:★☆☆☆☆

[PR]
by kero-tama | 2010-09-16 20:39
【オカルト】杭(再録)
高校生のとき、英語の先生から聞いた話。

先生は川沿いの道を走るバスに乗っていた。
見るともなしに窓の外を眺めていたら、さほど大きくない橋のそばに粗末な木の杭が打ってあるのが目に入った。
木の杭のてっぺんにアゴを乗せて、女の子がこっちを見ている。
小学生くらいの、かわいい女の子だ。道を通る車を眺めているのだろうか。
だが、何かがおかしい…

先生は杭を凝視した。


体が、ない。


杭の上に、ニコニコと笑いながら、女の子の首だけが乗っているのだ。
杭の太さは10センチ程度。とても体が隠れるスペースはない。

先生は固まったようにバスの窓から女の子を見つめ続けたが、やがてそれはバスの移動とともに視界から消えていった。
見えなくなるまで、首は先生に笑いかけていたという。




前ブログから再録。


日常の風景にまぎれた異常:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2010-09-01 08:06
【オカルト】拝み屋さん(その3)
先日、叔父から聞いた話。


"拝み屋さん" とは、いわゆる「千里眼」の持ち主だ。
こう書くとものすごく胡散臭いが、彼女はテレビに出てくる超能力者や霊能力者とはまったくちがう正真正銘「本物」だった。

あるとき叔父が知人と一緒に "拝み屋さん" を訪ねた。
すると "拝み屋さん" は知人を見るなりこう言った。

「あんたの弟さんが今名古屋で事故に遭(お)うとる」

その後入った連絡で、その人の弟はそのときまさに名古屋の高速道路で大きな事故に遭っていたことが判明。
しかし奇跡的に大きな怪我はなかったらしい。


不思議だけど本当の話。




ありえないなんてことはありえない:★★★★★

[PR]
by kero-tama | 2010-08-27 13:43
<<< 最新最古 >>>











・取扱説明書・
(除霊動画付き)


・投稿募集中・