Excite
 
 
 
<<< 最新最古 >>>
2010年 10月 13日 ( 1 )
【サブカル】本当は怖い?となりのトトロ
昭和30年代前半の日本を舞台にしたファンタジーアニメ「となりのトトロ」。
田舎へ引っ越してきた草壁一家の姉妹「さつき(10歳)」と「めい(4歳)」と不思議な生き物「トトロ」との交流を描いたこの作品は、子供から大人までが楽しめ、スタジオジブリの大ヒット作となりました。

が、一方でこの話には「恐ろしい裏設定がある」という噂がまことしやかに流れているのをご存知でしょうか。

夢を壊したくない人はここで画面を閉じてください。
つづきを知りたい方は ↓ へ進んでください。
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
下に行くにつれ、噂の内容がダークになっていくので注意。
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
噂1 死んだ姉妹の物語

物語は父親の回想と想像で綴られている、という噂。
幼くして死んでしまった姉妹を、きっと森の妖精トトロと一緒に旅立ってしまっただけだと思い慰め、それを作品にしたものが「となりのトトロ」。
エンディングの家族写真の中の両親が若いのは、姉妹が生きていた頃の写真だから。


噂2 さつきとめいの影がない

話の途中からさつきとめいの影の描写がなくなっています。
影がない=ふたりは生きて存在するものではない(幽霊などと同じ)。
つまり二人はすでに死んでいる、という噂。

噂3 七国山病院のモデル

姉妹の母親が入院する「七国山病院」のモデルとなったと思われる「八国山病院」という施設があり、そこは精神病患者や末期患者が収容される病院だった、という噂。
ですがこれは病院が実在したか確認できないようです。
モデルと言われて実在する病院は以下のとおり。
  1. 保生園(現・新山手病院):東京都東村山市諏訪町の八国山に隣接する。元・結核病棟。
  2. 東京白十字病院:同じく八国山緑地に隣接する。元・結核病棟。
  3. 多摩丘陵病院:東京都町田市の七国山という小さな山がある。

作中では、さつきは「松郷」から来たと説明するシーンがあります。
埼玉県所沢市松郷は八国山に隣接する地名で、すぐ隣に「牛沼」(※噂④参照)という地名もあります。
前述の「新山手病院」と「東京白十字病院」はそこから道なりでだいたい5~6キロの道のり。
トトロの時代設定が昭和30年初期と言われているので、その頃の道路事情だと作中のセリフのように「大人の足でも3時間」かかる位置かもしれませんね。

お母さんの病名はわかりませんが、空気の良い田舎の病院ということからどうも結核だったのではないかと推測。
津山30人殺しでも書きましたが、当時が昭和30年頃なら、結核の薬が日本国内でも売られるようになって数年経ったあたり。
特効薬ができるまで結核は日本の国民病と言われ、伝染性の死病でした。
ピーク時は年間9万人の死者を出した結核ですが、この時期(昭和30年代)を境に死亡者はグンと減ります。
それでも作中と同じ昭和30年時点で年間死者6万人は出ていたようです。


噂4 トトロは死神

作品では入院している母親にトウモロコシを届けようとしためいが行方不明になり、池で子供のサンダルが見つかるシーンがあります。
しかし妹が水死したことを信じたくなかったさつきは咄嗟に「めいのじゃない」と否定してしまいます。
その時、安堵ではなくひきつった表情がさつきの心情を物語っています。

さつきはトトロを探します。
トトロは死期の近い者、またはすでに死んだ者にしか見えない「死神」でした。
(子供にだけ見えるのなら、同じ年頃のカン太にも見えているはず)
ですがめいを探す途中でさつきも事故に遭い、死んでしまいます。
しかし魂はそれでも妹を探し続けてさまよいます。
死んでしまったさつきの前に姿を現すトトロ。
死者の魂を迷わぬよう冥土へ連れて行くのが彼の役目なのです。


「トトロ、めいが迷子になっちゃったの。
 探したけど見つからないの。
 お願い、めいを探して!
 今頃きっとどこかで泣いてるわ。
 どうしたらいいか分からないの!」


めいはすでに死んでいる。
それをわかっていて「迷子」と呼ぶのは、ちいさな妹の魂が母親の病院を目指してひとりでさまよっている不憫を嘆く姉のやさしさからでしょうか。

めいを思うさつきの気持ちに、トトロはネコバスを呼びました。
ネコバスは死者の魂を冥土へ連れて行く乗り物です。
そしてネコバスの行き先表示が、

  塚森→長沢→三つ塚→墓道→大社→牛沼→めい

と変化。その名称は死を連想させるものばかりです。
  • 塚=何かが堆積してこんもりと盛り上がった土地のことで、遺跡としては古墳や墳丘墓を表します。
  • 墓道=古墳へ続く道、参道のこと。
  • 大社=大きな神社の意味。
  • 牛沼=埼玉県所沢市牛沼?さつきとめいが住んでいる「松郷」の北にある地名です。八国山は逆方向。
    めいの靴が浮かんでいた池の名前の可能性も?
    池は地面の窪みに水がたまったものを言い、沼は水深5メートル以上の水草などで透明度が低いものを言いますが、普段はこれを明確に分けて呼称しているわけではないので「沼」でも「池」と呼ぶことは(その逆も)よくあります。
    これがめいの歩いた順番だとしたら、沼の次に表示されためいは、やはり沼に沈んでいると解釈できます。

さつきを乗せて森を、人家を、駆け抜けていくネコバスの姿を人々は見ることができません。
唯一、犬だけがそれを認識できました。
昔から犬には霊感があると言われています。
これはネコバスが霊的なものであることを示しています。

また、短編映画「めいとこねこバス」に登場する「ねこばあちゃん」というネコバスの行き先表示が「風浄土」となっているそうです。
※浄土=清浄なる仏の国の意味。広義の天国。

めいが見つかったのは六地蔵の前。
六地蔵は日本ではしばしば墓場の入り口に置かれます。
六体の地蔵菩薩はそれぞれ仏教の六道輪廻の思想にある地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道の六つの世界に救いをもたらすものとされています。
親より先に死んで賽の河原で石積みを続ける子供たちも、地蔵菩薩が救ってくれるそうです。
つまり二人は冥界の入口へ来てしまったわけです。

そしてラストシーン。
父親が見舞う母親の病室の窓辺に、いつの間にかトウモロコシがそっと置かれています。
窓の外の樹の枝にはさつきとめいが嬉しそうにふたりを眺めています。
冥土へと旅立つ前に両親に会いに来たのです。


「あの木のところで、さつきとめいが笑ったような気がした」


樹は見えても姉妹の姿は見えない。
ただ、ふたりがそこにいて笑った、というかなり詳細なイメージだけが母親に伝わります。
父親は感じません。
トトロやネコバス、死んでしまった姉妹が見えるのは、生きている人間では死期が近い者だけ。
つまり、それを感じたお母さんも、やがては…。


噂5 狭山(さやま)事件がモデル?

1963年5月1日、埼玉県狭山市で中田善枝さん(当時16歳・高校1年生)が誘拐の上殺害された事件がありました。
容疑者、目撃証言者、参考人、被害者の兄と姉の計5名が相次いで自殺を遂げ、身代金を取りに来た犯人を取り逃がしたり不審な物証を出す警察が世間の注目を浴びたようです。
また警察に自白させられたと冤罪を訴えた犯人が被差別地域の出身者で、差別問題にまで発展しました。
以下、類似点。

[狭山事件] 被害者には姉がおり、姉妹が子供のときに母親は精神病院で死亡。
[トトロ] 七国山病院のモデルとなった八国山に隣接する病院は精神病院(これは前述のとおり事実とは違う)。母が入院しており家には父親しかいない。

[狭山事件] 事件が起きたのは五月。
[トトロ] 「さつき」「めい」はどちらも「五月」の意味。

[狭山事件] さつきとめいが住む所沢市に隣接する狭山市。
[トトロ] 序盤、荷物を片付けるシーンで「狭山茶」と書かれた箱がある。

[狭山事件] 事件は雨の日の夕方に起き、被害者の自転車がサドルも濡れずに家に戻ってきていた。その時すでに被害者は殺されているにも関わらず。
[トトロ] 雨のバス停で父親を待つ姉妹。通りすぎる顔が見えないレインコートの人影。

[狭山事件] 行方不明になった妹を必死に探し回る姉の姿が近所の人達に目撃されている。
[トトロ] 行方不明になった妹めいを必死に探し回る姉のさつき。

[狭山事件] 殺害場所付近にはその時間人がいたが、被害者が大声で助けを呼んだという犯人の証言にも関わらず近隣の誰も気づかなかった。
[トトロ] 静かな田舎にも関わらず、トトロとさつきとめいが家のすぐ近くで大騒ぎしていても父親はまったく気づく様子がない。

[狭山事件] 誘拐した犯人は脅迫状の中で「警察にしゃべったら娘は殺して西武園の池に沈める(意訳)」と書いている。
[トトロ] めいは池で死んだような描写がある。そして西武園は「トトロの森」のすぐ近くにある。

[狭山事件] 被害者と仲が良かった姉は後に自殺。
[トトロ] 姉のさつきは最後にめいと共に「姿の見えない存在(=幽霊)」になっている。

[狭山事件] 16分割された妹の遺体にショックを受けた姉は、事情聴取で「猫のお化け」「大きな狸に会った」などと意味不明な証言ばかりしていた。
[トトロ] 猫のお化け=ネコバス、大きな狸=トトロ。
ですが、実際の事件で被害者の遺体は拘束はされていましたがバラバラにはされていません。
姉が錯乱して「猫のお化け」「大きな狸」と口走ったという話も眉唾。
ただ、「猫のお化け」「大きな狸」発言は、別の事件と混同している可能性があります。


最後に、これら都市伝説は「となりのトトロ」を制作したスタジオジブリによって公式に否定されています(宮崎駿監督のコメントは不明)。


次観る時のトトロはきっとホラー:★★★★☆

[PR]
by kero-tama | 2010-10-13 04:23
<<< 最新最古 >>>











・取扱説明書・
(除霊動画付き)


・投稿募集中・