Excite
 
 
 
<<< 最新最古 >>>
<< 【謎怖】心当たり 【不思議】むしのしらせ? >>
【事件事故】名古屋妊婦切り裂き殺人事件
1988年、愛知県名古屋市中川区のアパートで猟奇的殺人事件が発生。
被害者は臨月を迎えた妊婦だった。

被害者は絞殺後、
腹部と子宮を鋭利な刃物で大きく切り裂かれ、
切り口から胎児を取り出された後、
子宮に電話の受話器とキーホルダーを押し込まれた姿で帰宅した夫に発見された。


世間を戦慄させたこの事件は、
15年後の2003年3月18日、犯人の手がかりを掴めないまま時効が成立した。




発見当初

1988年3月18日。

愛知県名古屋市中川区住む会社員男性(当時31歳)には、妊娠中の妻(27歳)が居た。
妻の出産予定日は3月13日だったがすでに5日が過ぎ、いつ生まれてもおかしくない状況だったため夫は1日2度は家に電話を入れるようにしていた。

午後1時、
夫は会社から電話を入れ、自宅の妻に陣痛が起こっていないか確認している。

午後6時50分、
退社間際になって夫はもう一度自宅に電話を入れた。
しかし10回コールしても妻は電話に出なかった。

午後7時40分、
夫が自宅のアパートに到着。
いつもなら明かりが点いているはずの2階自宅の窓が真っ暗で、洗濯物がまだ干しっぱなしになっていることに不安を覚えた夫が階段を駆け上がり自宅ドアのノブに手をかけると、普段用心深く施錠してあるドアが、スッと開いた。

真っ暗な部屋の中、かすかに何かの音が聞こえる。
夫は最初それを空耳と思ったが、やがてそれが 赤ん坊の鳴き声 だと気がついた。

奥の部屋で夫が見たものは、
無残に腹を切り裂かれた妻と、血まみれの赤ん坊だった。

夫は救急車を呼ぼうと電話のある玄関へ引き返したが、何故かあるはずの場所に電話機がない。
その疑問を考える間もなく、夫は階下の住人に電話を借りて119番通報。
赤ん坊だけは奇跡的に一命を取り留めた。




猟奇的犯行

発見当時、被害者は電気コタツの横に仰向けの状態で横たわり、両手は紐で後ろ手に縛られ、コンセントに繋がったままの電気コードが首に巻き付いていた。
被害者の遺体に性暴行や激しい抵抗の跡などは見られなかった。
被害者の足の間には弱々しく泣く血まみれの赤ん坊が放置されていおり、睾丸、腿の裏、膝の裏には刃物によって付けられた傷があった。

被害者の死因は絞殺。
しかし電気コードは死後首に巻かれたものと判明し、凶器は別のものとされた。
絞殺後、犯人は薄く鋭利な刃物で被害者の腹部を縦38センチ、子宮を12センチにわたって切り裂き、子宮から赤ん坊を取り出して放置。
さらに被害者の子宮に電話の受話器とキーホルダーを詰め込んだ。

受話器は自宅玄関にあった当時最新のプッシュ式電話機から切り離したもので、キーホルダーはミッキーマウスと車のキーが付いたものだが、犯人の意図は判っていない。

また犯人は現場に何も残しておらず、キッチンには血を洗い流した跡だけがあった。



犯行時間

夫妻はサイドビジネスでアムウェイの家庭用品を販売していた。
犯行当日の午後1時50分頃、知り合いの主婦(当時31歳)が子連れで被害者自宅へ来訪。
2千数百円の脱臭剤を購入し、妻はその代金を自分の財布にしまった(後に犯人に奪われている)。
そのまま談笑し、午後3時頃に妻は主婦と子供を階下の駐車場まで見送りに出た。
その時、彼女は自宅のドアに施錠をしていなかった、と主婦が証言しており、犯人はその隙に部屋へ侵入したのではないかとの見方もある。

また、主婦は手土産にイチゴを持ってきており、食べ残しのイチゴが盛られた食器は犯行後もコタツの上に置かれたままだった。
胃を解剖した結果、殺害時刻は午後3時過ぎとされた。




容疑者

警察は最初、被疑者を夫にのみ絞って捜査。
自宅の異変に気づきながら帰宅後すぐに妻を探さず着替えていたり、報道陣の前で「妻はワインが好きだったので」と落ち着き払った態度で霊前にワインを供えたりしたことがパフォーマンスと考えられたためだった。
しかし、死亡推定時刻には会社に勤務していたためアリバイが成立。
夫妻がサイドビジネスにしていたアムウェイの商品販売がらみの怨恨も疑われたが、関係者から具体的な手がかりは掴めなかった。

アムウェイ:連鎖販売取引(マルチ商法)の形態による日用品・消耗品を販売する会社。一部悪質なディストリビューター(販売員)によるトラブルがあった。アムウェイによれば、ディストリビューターは自社の社員ではなく、自社と契約している独立した事業主であるため、自社に落ち度はないとの姿勢だった。




不審な男

他には被害者の階下に住む主婦が、犯行当日に不審な男を目撃したと証言している。

それによれば、犯行当日の午後3時10~20分頃、自宅玄関でドアノブがガチャガチャと回り、チャイムが鳴ったのでドアを半開きにすると、身長165センチ前後、30歳くらいの一見サラリーマン風の男が立っていた。
男は「ナカムラさんの所を知りませんか」と聞いてきたが、主婦は「知りません」と答えてすぐドアを閉めた、ということだった。

男は近くの駅から周辺のアパートやマンションを訪ね回っている姿が数人に目撃されていたため、警察は犯行当日にアパート付近を通りかかった400人以上をしらみつぶしに調べたが、「不審人物の行方はわからなかった」と発表した。




有効な手がかりを得ることなく、事件は15年後に時効を迎えた。
犯行は妊婦に異常な関心を持った犯人による快楽殺人とされた。

ただ、
凶器がカッターナイフや医療用メスのような薄い鋭利な刃物であり、刃物が切りにくいへそを避けていることや赤ん坊のへその緒を切断していることなどから医療関係に従事する人物ではないか、とも疑われている。
[PR]
by kero-tama | 2011-09-20 10:11
<<< 最新最古 >>>
<< 【謎怖】心当たり 【不思議】むしのしらせ? >>











・取扱説明書・
(除霊動画付き)


・投稿募集中・