Excite
 
 
 
<<< 最新最古 >>>
<< 【歴史伝承】てるてる坊主 【都市伝説】八尺様 >>
【謎怖】ひとり多い
ある学校の授業でのことだ。
当日は、予報を大きくはずして快晴だった。
あるクラスは、その日は何かの実験で、理科室で授業が行われた。
ところが、運悪く、ガスが漏れていたのか薬品がこぼれていたのか…
理科室は爆発し、生徒達も巻き込んで、一切合切こなみじんにしてしまった。
後日、事故現場を片付けている最中に、いくらかの骨や肉片が見つかった。
それらを丁寧に運び出し、体育館に並べていくと…そう、教室にいた分だけの
白骨死体と、余り物が完成するわけである。
生徒は全員が過去に歯科治療を受けており、歯形から確認できる限り全員分の
身元を確認することが出来た。
何人かは顔が残っていたので問題はなかった。
ところが、全く奇怪なことだが、どうも数が合わない。
生徒は39人で、教師が一人。
遺体は全部で41体、子供が40で大人が一。
子供が一人多い…
近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
検察官の一人が首を傾げている様子を見ると、他の検察官が唐突に叫んだ。
「なんだ、数が合っているじゃないか!」
翌日は、予報どおりの雨であった。




ネットでよく見かける怪文書。
時折話題に上がっては解釈をめぐって議論されますが、未だにスッキリと解明はされていないようで、いわゆる「ナポリタン」系(意味深な文章だが内容が破綻していて正解がない)とも言われています。
どちらかというとLTP(ラテラル・シンキング・パズル)っぽい気がしますが、正解はないのかもしれません。


以下、ネットによくある解釈を紹介。

  • 先生が妊婦説
    先生が妊娠していてお腹の子供を数に入れたため、という説。
    しかし胎児と子供の遺体は明らかに違うのに混同するのは変。

  • つなぎあわせ説
    39人の子供はバラバラになっているので誰のものか不明の部分が子供1人分余った、という説。
    もしくは、この検察官は個人の判別を「歯型」か「顔」で行っているので、顔の肉が剥がれたものと、その頭蓋骨が別々にカウントされた、とか。

  • 骨格標本説
    理科室なので骨格標本が混ざってた、という説。
    これは「骨格標本なら大人の体格」「偽物の骨なら区別が付く」などの意見がありますが、昔のニュースで学校の骨格標本が本物の子供の骨だったというものがあったので、有り得ないこともないですね。
    ただ「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾してしまいます。

  • 人体標本説
    理科室には本物の子供の人体標本(ホルマリン漬け)があった、という説。
    これも「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾。

  • 人体実験説
    当日行われていた実験は、本物の子供を使った人体実験だった、という説。
    「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾しないとしたら、クラスメイトを使った人体実験ということになります。

  • 首吊り死体(てるてる坊主)説
    事故のとき理科室には首吊り死体があった、という説。
    首吊り死体=てるてる坊主で、そのために当日は予報を覆して雨が降った、爆発で首吊り死体(てるてる坊主)が吹っ飛んだため翌日は雨が降った。
    首を吊ったのがクラスの生徒なら「生徒は全員が過去に歯科治療を受けており」で矛盾はしません。
    ただこれは誰も首吊り死体に気づかなかったということと、検察官が「なんだ、数が合っているじゃないか!」 と納得するのが不自然。

  • 原爆説
    最も有力とされる説。
    広島に投下された原子爆弾は通称「リトリボーイ」と呼ばれていたことから、
     検察官A「子供の死体が1人分多いぞ」
     検察官B「それはきっとリトルボーイの分さ!」
    というブラックジョークであって、死体の数が合わないこと自体は問題ではないという説。
    「何かの実験」が意味するものは、広島に落とされた原爆は「ウラン型」、長崎に落とされた原爆は「プルトニウム型」で、原発を2発も落としたのは違う爆弾で人体実験のデータを取るためだったとも言われているため。
    「理科室」は、爆弾を落とす側から見れば目標地点は「実験場」であるため。
    「予報を大きくはずして快晴」は原爆の投下には目標地点が雲で隠れていないことが重要だったためで、「翌日は、予報どおりの雨」なのは原爆の大熱量で発生した水蒸気の塊が、物や人が燃えて発生したすすを含んで「黒い雨」を降らせたから、とのこと。


    正解が「原爆(ブラックジョーク)説」だと意味ないのですが、keroもひとつ考えてみました。

  • 復讐説(kero作)
    僕はクラス全員からいじめられている。
    担任の先生も僕がいじめられるのを見て見ぬふりだ。
    親にも言えない。失望されたくないから。
    雨が続いた梅雨のある日、僕はクラスメイトに頭から布をかぶせられ、ヒモで結ばれて「てるてる坊主」と笑い者にされてしまった。
    布でこっちの目が見えないのを良い事に叩かれたり蹴られたりもした。
    外で遊べない日が続いたから、みんな退屈しているんだ。
    その翌日、雨は上がって空はきれいに晴れ渡った。
    予報では雨が続くと言っていたのに。
    学校へ行けば「昨日のてるてる坊主のおかげだ」とまたいじめられてしまう。
    親に相談できなくて学校までは来たけど教室へは行けず、校舎の隅に隠れていた。
    きっと欠席扱いになっただろう。
    そういえば、今日の授業で理科室を使うって昨日先生が言っていた。
    僕はこっそり理科室に忍び込み、実験台に付いたプロパンのガス栓を全部開いた。
    プロパンガスは空気より重いから床を這うように広がる、と前に先生が言っていた。
    始業のチャイムが鳴り、先生とクラスメイトが理科室に入ってくる。
    「あれ?お前学校に来てたの?」
    足元に沈んだガスに、みんなすぐには気づかない。

    「みんな嫌いだ!」

    僕は実験用のマッチを擦った。
    みんなと一緒に、てるてる坊主は粉々になった。
    だから翌日は、予報通りの雨だった…

    後日、遺体の回収が始まると、奇妙なことに子供の遺骸の数が理科室にいた人数より1人分多い。
    しかし近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
    検察官は出席簿を見ながら首を捻った。
    その姿を見て他の検察官が名簿にある生徒の数を数えた。
    「37、38、39…40?なんだ、数が合っているじゃないか!」
    「出席簿ではこの日は1人欠席していて生徒は39人のはずだ」
    「いや、この欠席になっている子もちゃんと登校したと親が証言しているし、遺体も確認されている。きっと遅刻してきたのを担任が早とちりして欠席にしたんだろう」

    つじつま合わせてみました。どうでしょう?


    出口のない迷路:★★★☆☆

    [PR]
  • by kero-tama | 2011-08-27 06:02
    <<< 最新最古 >>>
    << 【歴史伝承】てるてる坊主 【都市伝説】八尺様 >>











    ・取扱説明書・
    (除霊動画付き)


    ・投稿募集中・