Excite
 
 
 
<<< 最新最古 >>>
<< 【メディア】まりちゃんのホルマ... 【雑記】お盆も過ぎまして。 >>
【謎怖】押入れ
あるところに一人暮らしの男性がいた。
彼が住んでいるのはごく普通のワンルームだが、時々妙なことが起こった。
彼が出かけた時に限って、食べ物がなくなったり部屋のものが動かされた形跡があるのだ。
侵入者かと思ったが、毎回帰宅したとき部屋には鍵が掛かったままだった。

不審に思った彼は、ある日部屋にビデオカメラを設置して出かけてみた。
ワンルームなので1台でも部屋全体が見渡せる。
帰宅後、彼がビデオカメラを確認すると…


誰もいないはずの押入れのフスマがカタカタと開き、中から見知らぬ女が這いでてきた。
女は勝手に食べ物を食べたり部屋を徘徊すると、また元通り押入れに戻っていったのだ。


彼は戦慄した。
すぐに警察に通報しようとしたその時、

ビデオの中でドアが開いた。

彼だった。

彼はビデオカメラを覗き込むようにして手を伸ばし、ビデオはそこで終わった。









押入れにはまだ女が…というのが有名な「押入れ女」。
ベッドの下の男」に並ぶ都市伝説で、2004年にはネットに流れています。

で、これは前置き。次の記事を御覧ください。


福岡県警粕屋署は2008年05月28日、無職堀川タツ子容疑者(58)を住居侵入現行犯で逮捕。
彼女は福岡県粕屋郡志免町の男性(57)宅の押入の天袋で勝手に生活していた。

被害者男性は一人暮らしだが、自分が不在中に食べ物がなくなることが以前からあった。
不審に思った男性は、人影に反応して携帯電話に画像を送る仕組みの警報装置と監視カメラを設置し、午後2時に外出した。
するとその10分後に不審者が写った画像がメールで送られてきたのだ。
110番通報でただちに駆けつけた警察官は、押入の天袋に隠れていた堀川容疑者を発見。
彼女は天袋にマットレスを持ち込み生活していたようだ。



地元福岡で起きた本当の事件。

都市伝説はこれがモトだったのか…と思ったら、事件の日付のほうが新しかった、というオチ。

それにしても、何故、いつから、どうやって、押入れの天袋(押入れの上部にある小さな収納部)に?


あなたの家は大丈夫…?


都市伝説の再現:★★★☆☆

[PR]
by kero-tama | 2011-08-18 15:12
<<< 最新最古 >>>
<< 【メディア】まりちゃんのホルマ... 【雑記】お盆も過ぎまして。 >>











・取扱説明書・
(除霊動画付き)


・投稿募集中・